中学受験で疲れる

中学受験は疲れます

志望校を考えてみるけど

次男の志望校は今のところ、まず無理っぽいけど芝。それから付属校なら立教や学習院が話題に挙がる。しかし、今までの経験からすると、4年の頃に挙がった学校は最終的に受験しないことも多い。5年6年と段々と次男の特性が見えてくるでしょう。ただし成績は変わらないと予測。一所懸命に勉強して現状維持というのが中学受験だと思う。長丁場だし、皆だいたい同じ時期に勉強スタートするからね。

 

普段の勉強は兄弟のなかでは最もしていない。親も疲れてしまったというのも本音だが、本人もあまり受験勉強には向いていなさそう。勉強することが嫌いではないと思いたいが、算数や理科は不得意なのでつまらないらしい。解けないと不貞腐れるので、こちらも面倒くさくなる。国語と社会はまあまあだが、算数はまったくダメ。公文をしていたので計算間違えは少ないが、進度は適当なもんだった。

 

ところで、最近の男子校の偏差値は昔と随分変わっていて驚く。御三家はかつて、本当にこの3校だけ突出していたような印象だった。巣鴨や城北はもっと上位だったような気もするが、今の偏差値では普通に感じる位置にいる。今は共学、校舎綺麗、食堂完備という三拍子が重要なのか。それからスパルタも受けないだろう。実際、長男はマザコンだが、明らかに巣鴨には合わない。こういう男子が増えているのか、それとも親が甘くなっているのか。その両方かなあ。