中学受験で疲れる

中学受験は疲れます

塾選びってのは家庭でそれぞれだけど、たとえば同じ距離に2つ塾がある場合、結構困ることもあると思う。6年生は体力勝負のところもあるので、出来れば塾は近いほうがいい。だから距離で考えれば答えは出やすいけど、だいたい同じってなると、困るんだなあ。

 

いい先生がいるって言われている塾でも、その先生に出会えるかは分からない。テキストの良し悪しは、塾講師の経験があれば少しは分かるかもしれないけど、一般的には見た目程度しか分からない。あとは周囲からの噂だけど、これだって学年はもちろんクラスが異なれば全然違う。

 

あと重要なのは親の都合なんだけど、お弁当がいるとか、親が勉強の方針を決めないといけないとか、色々あるとはいえ、これは親が頑張ればクリアできることもある。じゃあ何で決めるのがいいかと言えば、やっぱり志望校への合格人数かなあ。

 

どの塾でも合格する子は合格するって言われるけど、それはあたり前のことで、親としてはギリギリのところを押し込みたいってのがあると思う。親心ですよ。少しでも上に行ってもらいたいというのは、多くの親が望んでいることでしょう。まあ、実際には無理して上に行くと、入学後に勉強が大変なんだけど、中学受験ってのは、親もかなり浮かれてしまうので、冷静になれないところもある。自分のことだと冷静にいられても、子のことになるとスイッチ入る人多い。私もそう。

 

ただ、志望校云々も難しくて、塾に入るのは新4年生とか、最近はもっと早くて低学年からだと思うけど、この時点の志望校が、そのまま受験校になるとは限らない。だって私ですら、新5年生で塾に入ったときには御三家志望だから。それでN55ぐらい。そんなもんすよ。

 

結局のところ、塾選びは各家庭の条件に最も合致するところが最良となるわけだけど、志望校云々については、ちょっと気にしておいたほうが良いこともある。と言うのは、たとえば栄光学園の場合、2016年はサピックス147名、日能研46名、四谷大塚24名となっているが、2017年はサピックス137名、日能研62名、四谷大塚45名となっている(Youtube動画より)。日能研四谷大塚が頑張ったということが分かる。

 

うちは日能研だから四谷大塚のことは分からんが、2017年入試は日能研の栄光研究講座が大当たりしたと思う。日能研は数年前から、聖光学院はもう無理だと思ったのか、栄光学園へ力を注いでいたようだ。私が聞いたところによると、「栄光プロジェクト」なるものが存在し、本社や先生方もかなり気合い入っていた模様。それが2017年、栄光の算数が易しくなったということもあいまって、見事に大当たりしたのかもしれない。

 

これどういうことかと言えば、それで割を食うのがサピックスでギリギリだった子で、日能研の「大当たり」の部分を習得した日能研生がごっそり合格してしまった。ごっそりという点が重要で、塾が「大当たり」を出すと、それ聞いていた子たちはたくさん合格してしまう。まるでグループがあるかのように大量合格されてしまうと、それだけ合格最低点も上がってしまうので、「大当たり」の恩恵を受けていない子は厳しいことになる。

 

こう考えると、意外と中学受験は集団的要素があるのかも。

 

私は予想偏差値しか各塾分からいけど、予想偏差値だけ見れば、栄光学園偏差値はサピックスが上昇、日能研四谷大塚は下降だったと思う。例年より下の子たちが合格すれば偏差値は下がる。予想なのでちょっと違うかもしれないけど、まあ、だいたいこんなもんだろう。

 

「大当たり」なんてそうそうあるもんじゃないと思うけど、こういうこともあるから、塾選びは本当に難しい。難関校であれば基本的にはサピックス独り勝ちなわけだけど、もしサピックスが家から遠いというのであれば、上記のことも多少は塾選びの参考にはなると私は思っています。